Microsoft

1 min read

『Microsoft Flight Simulator』にて巨大な裂け目が確認されているようだ。現実を再現したバーチャル世界を飛ぶフライトシミュレーションゲーム『Microsoft Flight Simulator』。同作を遊ぶプレイヤーから、南米にて不思議なスポットを見つけたとの報告が相次いでいる。Rock Paper Shotgunなどが伝えている。 その謎めいたスポットは南アメリカ・ブラジルの郊外にて、発見されている。どのような場所なのかというと、底が見えないほどの穴だ。のどかな辺境にて突如として穴があいており、のめりこむような地形が形成されている。テクスチャなども平地のもので、家や木なども表面に見えるが、確かに“裂け目”になっているのである。底に向かってしばらくの間決空を続け、ようやく地面が見えてくる。この地底は深さ800メートルにおよぶといい、この世に存在するとは思えない、恐ろしい裂け目なのだ。 それもそのはず、そのような裂け目など現実に存在しないことは濃厚。該当エリアであるLagoa Novaでは、こうした裂け目は確認されていない。おそらくであるが、誤ったデータ入力によって生まれたものだろう。『Microsoft Flight Simulator』のマップデータは、Bingのデータを採用している。Bing自体は、Here社のマップデータを中心に構成しつつ、詳細な建物データなどはユーザーの編集による地図プロジェクトOpenStreetMapを取り込み、形成されている。 OpenStreetMapは、あくまでユーザー編集のプロジェクト。入力間違いによって、とんでもない建物が生まれる。これまでオーストラリアやイタリア、ノルウェーなどで、郊外に見合わない巨塔が確認されてきた(関連記事)。いずれも、入力間違いによる産物ではないかと推測されている。たとえばオーストラリアのケースは、2階を212階と入力したことで高層ビルが建ってしまったが、こうした高さのデータがマイナスになるならば、地底が生まれてもおかしくはない。実際のところ、YouTuberのLarry Kyrala氏なども同様の指摘をしている。なんらかのデータミスが、こうした裂け目を作り出しているのだろう。 なおPC Gamerによると、この裂け目はもともと小さな空港なのだという。それゆえに、出発地点として選択し、ここから離陸することも可能とのこと。ただし、あまりにも底が深すぎるゆえに、地表まで上がることは困難であると記している。ブラジルのリオ・グランデ・ド・ノルテ州にあるCurrais Novosから、北西に飛ぶことでこの深淵は見つけられるようだ。 『Microsoft Flight Simulator』では、9月29日に日本国内のコンテンツを強化する「Japan...