撮影された天体は「第二の月」か、それとも単なるスペースデブリか(BUSINESS INSIDER JAPAN)

撮影された天体は「第二の月」か、それとも単なるスペースデブリか(BUSINESS INSIDER JAPAN) thumbnail
天文学者が地球の周りの混沌とした軌道上で小さな物体を撮影した。 それは一時的に地球の軌道に捉えられた小惑星、つまり「第二の月」かもしれない。もしそうなら、それは天文学者が発見した2つ目の事例になる。【全画像をみる】撮影された天体は「第二の月」か、それとも単なるスペースデブリかスペースデブリである可能性もある。地球低軌道には約50万個の宇宙ごみが浮かんでいる。 この天体が4月に地球の軌道を離れる前に、天文学者はより多くの研究を行い、より多くの観測結果を記録しようとしている。 天文学者は、地球の周りの混沌とした軌道上に、わずか数メートルの小さな天体の画像を撮影した。 これは第二の月「ミニムーン」かもしれないが、いずれにせよ、長い間ここにとどまることはないだろう。この天体は、4月には地球の軌道から離れていくと見られている。 国際天文学連合(IAU)の小惑星センターは、その天体を暫定的に「2020 CD3」と名付けた。 今のところ、それは「一時的に捕捉された天体」と考えられている。地球の重力場に引き込まれた小さな天体のことだ。 「ミニムーン」である場合、それは地球の重力によって捕捉された小惑星だ。 そうでない場合、エキサイティングな選択肢ははるかに少なくなる。おそらく人類が作った宇宙のごみだ。 「いずれにしても、これは非常に魅力的な天体で、それが何であるかを判断するためにはより多くのデータが必要になる」と、「2020 CD3」の画像を撮影した天文学者のグリゴリ・フェドレツ(Grigori Fedorets)氏は発表の中で述べた。 天文学者たちは、高解像度の望遠鏡を高速で移動する天体に焦点を合わせることで、小さな月の合成写真(上の写真)を撮影した。光の流れは、ミニムーンに焦点を合わせたことによって軌跡として写った周囲の星で、これらの色は、この合成の作成に使用されたフィルターのよるものだ。 この画像は2月24日に、ハワイのジェミニ天文台で撮影された。研究者のカッパー・ビエルチョス(Kacper Wierzchos)氏とテディ・プライン(Teddy Pruyne)氏は2月15日に、アリゾナ州トゥーソンにあるアリゾナ大学の月惑星研究所で、この物体を発見した。

天文学者が地球の周りの混沌とした軌道上で小さな物体を撮影した。

それは一時的に地球の軌道に捉えられた小惑星、つまり「第二の月」かもしれない。もしそうなら、それは天文学者が発見した2つ目の事例になる。

【全画像をみる】撮影された天体は「第二の月」か、それとも単なるスペースデブリか

スペースデブリである可能性もある。地球低軌道には約50万個の宇宙ごみが浮かんでいる。

この天体が4月に地球の軌道を離れる前に、天文学者はより多くの研究を行い、より多くの観測結果を記録しようとしている。

天文学者は、地球の周りの混沌とした軌道上に、わずか数メートルの小さな天体の画像を撮影した。

これは第二の月「ミニムーン」かもしれないが、いずれにせよ、長い間ここにとどまることはないだろう。この天体は、4月には地球の軌道から離れていくと見られている。

国際天文学連合(IAU)の小惑星センターは、その天体を暫定的に「2020 CD3」と名付けた。 今のところ、それは「一時的に捕捉された天体」と考えられている。地球の重力場に引き込まれた小さな天体のことだ。

「ミニムーン」である場合、それは地球の重力によって捕捉された小惑星だ。 そうでない場合、エキサイティングな選択肢ははるかに少なくなる。おそらく人類が作った宇宙のごみだ。

「いずれにしても、これは非常に魅力的な天体で、それが何であるかを判断するためにはより多くのデータが必要になる」と、「2020 CD3」の画像を撮影した天文学者のグリゴリ・フェドレツ(Grigori Fedorets)氏は発表の中で述べた。

天文学者たちは、高解像度の望遠鏡を高速で移動する天体に焦点を合わせることで、小さな月の合成写真(上の写真)を撮影した。光の流れは、ミニムーンに焦点を合わせたことによって軌跡として写った周囲の星で、これらの色は、この合成の作成に使用されたフィルターのよるものだ。

この画像は2月24日に、ハワイのジェミニ天文台で撮影された。研究者のカッパー・ビエルチョス(Kacper Wierzchos)氏とテディ・プライン(Teddy Pruyne)氏は2月15日に、アリゾナ州トゥーソンにあるアリゾナ大学の月惑星研究所で、この物体を発見した。

Read More